[もどる]
2006ファミリーED チャリティー戦レポート

天使さんは〜台無しだ〜、台無しだったら台無しだ〜♪

大変遅くなりましたが、06年度、我々の締めくくりのレースとなった、ファミリーエンデューロチャリティー戦のレポートをお届けします。 初めてのチャリティー戦。チャリティーたる所以は、周回するごとに募金することからきていて、いくらくらい募金すればいいんだろう、と不安な感じで参加しましたが、 ふたを開けてみたら周回ではなく一律千円が通常のレースより金額UPしていたような気がします。 参加者からすれば、5時間レースなので、募金した感覚ではないですね。普通にレースにエントリーしただけみたいな。

さて、レースは前日から始まっていた!? 我々はほったらかし温泉で、疲れを癒し、現地に前日入りします。 そしてキャンプ場所の確保を始めます。ここがいい、と思ったところは少し坂を上らなくてはならなかった。 天使号は4WDなので、トレーラーを引きながらも難なく上ったその坂道。元チャンプ号はFF。上れない! 何度チャレンジしてもタイヤから白煙とゴムの焦げた臭いを発するのみで、駆動輪が横滑りしてしまう。 しまいにゃ周りにいた人も巻き込んで、みんなで協力したにもかかわらず結局上れなかったんです。 すなおにいつものトイレの前のところに陣取りました。いつものように宴会して、就寝。

明けて次の日、出走の準備を始める。。 マーシャル(←この人ものすごい人です。)の人から、「一箇所俺でも一発で登れなかった坂がある。」と聞かされていた。彼が登れないなんて、どんな状態なんだ? 不安の中、レースが始まった。 そして、ああ、なんということ。登れない!!!ちゅるちゅる。ちゅるちゅるぅ〜。

それでもちゅるちゅる地獄の中の渋滞ではかなり先頭にいた天使号は比較的早めに押しでこの難所を突破!この時点ではかなり上位にいたはずだ。 元チャンプ号は登っては降りてを繰り返しているようだ。先に行くぜーー!

しかし、天使が元気だったのは一周目の途中まで。勝沼のコースはやっぱりだてじゃない。霜柱が溶けかかってめちゃくちゃ滑る路面。 コースアウトしたらバイクを引き上げるのが困難な状況で、慎重に走る。慎重に走ると返ってバイクが安定しないもんなんです。 そんな悪循環で一周目終わった時点で完全にグロッキー。 速攻でピットインして休憩します。なんつったって5時間レース、しかも一人ですから。。

かわっちょ号もエンジンが無事かかりスタートします。順調に周回を重ねている模様。

終わってみれば、37台中、天使は30位(13周)。元チャンプ、カワッチョ組みは26位(17周)でした。


以下、参加者コメントです!


かわっちょ
総合26/37位、Aクラス16/20位、17周、FastestLap 9'20.87
もうね忘れてましたよ、ってゆうかDVD見ると凍ってて恐る恐る進む姿が我な がら最強にカッコ悪いんですよホント。早く忘れたいぐらいに情けないけど、今年も 早く出たいです。第一戦は確定申告があるので季節労働者な自分には出戦不可です、 しかーし第2戦以降は出るぞ出るぞなむなむ。  追伸 DVD焼いて渡すね。

元チャンプ
総合26/37位、Aクラス16/20位、17周、FastestLap 9'20.87
なんと言ってもスタート直後のツルツル坂!あれに尽きます。 ほんのちょっとが登れないんだよねー。テクニック不足を痛感。 次回までには最凶のエンデューロテクニックを磨いて難所を一番先に クリア出来るように(人の手助けをもらい易いポジション取りを)頑張ります !

天使
総合30/37位、Aクラス18/20位、13周、FastestLap 8'34.02
へろへろっす。体力がない。腕がない。まずは走りこみからかな。。

[もどる]