[もどる]

最凶のエンデューロテクニック
ああ、我々の必殺エンデューロテクニックをここまで具体的に教えて良いかと悩みましたが、、、 清水の舞台から飛び降りる気持ちで一挙公開!(笑) コレで君も表彰台の常連だ!
  • 泥沼スタックから脱出するテクニック(1)
    【マーシャルヘルプ】[上級]
    マーシャルはレース中は基本的に ライダーを助けない事になっている。ヘルプを得るには上級の最強テクニ ックが必要だ。 まず、バイクに乗って吹かしていると大丈夫だと思われて しまうので、もう駄目だと思ったらすぐにバイクから降りよう。そして バイクの脇に呆然と立ち尽くすポーズを決め、バイクは轍にハメて自立させて 置く。これが俗に言う"最強のスタンディングポジション"だ! コツは、 自分はややコースに入り込んで邪魔になる感じの位置に立つこと。バイクは 前輪が浮いた状態で自立していればベストだ。「もう駄目だ」という事を 全身で表現できるように鏡の前で何度もポーズの練習をしよう!
  • 泥沼スタックから脱出するテクニック(2)
    【助け合い】[初級]
    走っている人を停めるのは上級者向けのテクなので、初心者には難しい。そこで同じ難所に止っている人を見つけて声を掛けよう。
    「助け合いませんか?」と声を掛けるだけでOKだ。最初は勇気がいるが慣れてしまえば大丈夫。但し、なるべく早めに声を掛けるのがコツだ。モタモタしていると、他の人にとられたり、自力で脱出されてしまうぞ!
  • なかなか抜けないライバルを簡単に抜くテクニック
    【気合を入れる】[初級]
    同レベル同士のバトルでは抜き去るときが一番転倒の危険が大きい。そんなときは自分に気合を入れるため、大声で叫ぼう! するとライバルは気おされて道を譲ってくれることがあるぞ。これで安全にライバルを抜くことができる。 ただ、年がら年中叫んでいると「変なやつ」と勘違いされてしまうので注意だ。
  • ライバルごぼう抜きテクニック(1)
    【追い越し車線】[中級]
    レース中に何らかのアクシデントで渋滞が発生してしまうのは良く ある事だ。そんな時こそチャンス到来だ。レース中に並ぶなんてルールはレギュ レーションに書いてないぞ。大外から抜いて行こう。その時に「すみません」と 声を掛けるのは逆効果だ。ライバルに邪魔されるぞ。こっそり抜けよう! ところでカワッチョ号がこのテクニックを得意としているのは有名だ。渋滞の時 は気を付けろ!
  • ライバルごぼう抜きテクニック(2)
    【コース変更】[上級]
    レース中に何らかのアクシデントでコーステープが切れてしまうのは良 くある事だ。そんな時はテープの切れた先をよく確認しよう。もしそこからコー スの先の方に出られるならチャンス到来だ。コース変更があったと理解して突き 抜けよう!いつの間にか前にいる君の姿にライバル達はきっと驚くはずだぞ!
  • コース下見テクニック
    【コース熟知】[上級]
    レースによってはコース内を事前に下見できる事がある。そんな時に君 はただ歩いて終わっていないだろうか? もしコース中に大きな石を発見したら チャンスだ。石をコーナー立ち上がりのブラインドに置いて、自分はしっかりと 記憶をしておくだけで良い。レースが始まって1周目に先頭集団が高確率で転ぶ ぞ!ライバルが減れば表彰台も近い。但し場所を忘れて自分が転ばないように注 意しよう。昔、ディシエンブレEDでは有効だった最強テクだ!
  • 車検合格テクニック
    【口先三寸】[中級]
    いろいろと細かい検査員さんがたまにいる。そんな時も「大丈夫です!」「平気 です!」「こんなもんです!」と明るく元気に答えよう。もし致命的な指摘があ っ ても慌てずに「スタートまでには直しときます」とはっきりと伝えよう。レース は速いだけじゃ勝てない。日頃から"話術"を鍛えておく事も重要だ。
  • 表彰台をゲットするテクニック
    【代理人】[初級]
    まずは信頼される人間になって友人を増やそう。そして友人が "入賞し たのに用事で早く帰ってしまう時"がチャンスだ! すかさず表彰の代理を申し出 よう。友人にも感謝されて、自分も憧れの表彰台でシャンパンファイトを楽しめ るという夢のような最強テクニックだ!

  • あくまで洒落ですから、、、残念!